【実績あり】株式会社◯のメタバース研修の事例紹介

メタバース研修とは

弊社では、オフラインやオンライン問わず様々な形でAIやDXに関する研修を行っていますが、今回はその中でもメタバースで行った研修について紹介します。

弊社のメタバース研修は基本的にMetaが提供しているVRヘッドセットMeta Questを使用しており、メタバース内での研修空間にはMetaが提供している「Horizon Workrooms」というバーチャル会議室を使用しています。

▼メタバースやHorizon Workroomsについては、使い方を含めて下記のブログで紹介しています。

メタバースでAI研修!?Horizon Workroomsの使い方や機能について

株式会社◯のメタバース研修の実績

A社

要望:初心者でもわかるようにメタバース、NFT、DAOについて教えて欲しい

  • 開催日:2022年6月
  • 時間:2時間
  • 会場:コワーキングスペースの会議室2室(講師はオンライン参加、質疑応答の時のみ対面)
  • 参加人数:約40名

A社のメタバース研修では、初心者向けにわかりやすくメタバースやNFT、DAOについてスライドを用いて説明しました。40名全員が一斉にメタバース空間に存在しようとすると40台のVRヘッドセットが必要になってしまうため、リアルで1か所に集まり、10名ずつのローテーション制でVRでの研修を体験していただきました。

また、講師は近くの別会場から研修に参加していたのですが、研修終了後は同じ会場に出向き、質疑応答の時間を設けました。

会議室1:VRが10台が配置された会議室で、10人がメタバース上で研修を受けている
会議室2:会議室に設置された1台のモニターで、30人が研修を受けている

この研修により、VR(Meta Quest)を実際に使ってメタバースへの入室の仕方や研修への参加の方法を体験しながら、メタバース、NFT、DAOについて学んでいただくことができました。

B社

要望:企画・メディア業や広告・印刷業でのメタバース、NFTの活用について教えて欲しい

  • 開催日:2022年9月
  • 時間:1時間
  • 会場:コワーキングスペースの会議室2室(講師はオンライン参加)
  • 参加人数:12名

研修の流れはA社同様、会議室2室とVR(Meta Quest)6台を用意し、6人ずつのローテーション制でVRを体験しながら研修に参加していただきました。

A社・B社では、どちらも研修の準備期間は約3ヶ月で、当日までに2,3回オフラインでミーティングを行っています。事前ミーティングの内容は、研修の流れの確認やVRヘッドセット(Meta Quest)のレンタル、パソコンの準備(Questと同じ台数のPCが必要)、会場の準備などについてです。A社・B社では事前ミーティングをオフラインで行いましたが、オンラインで行うことも可能です。

C社

要望:メタバース内で研修を受ける体験をしたい

  • 開催日:2022年2月
  • 時間:30分間
  • 会場:メタバース(Horizon Workrooms)
  • 参加人数:約50名(VRでは16名)

C社の研修は、1時間30分で3人の講師が順に研修を行うものでした。そのため、弊社では30分間の持ち時間で私たちが提供しているDi-Lite研修の簡易版の研修を行いました。

▼Di-Liteについてはこちら

今を生きるビジネスパーソンの新常識!「Di-Lite」って知ってる?

C社の場合は、依頼側にメタバースについて理解している人がいたため、事前ミーティングなしで研修当日を迎えています。

株式会社◯の研修

弊社ではオフライン / オンライン(Zoom、メタバースなど)を問わず、お客様に合わせた形でAIやIT系の人材育成のための研修を行っています。

研修の詳細は各ブログからご確認ください。

▼個人向け研修(機械学習エンジニア育成)

「非エンジニアが機械学習エンジニアになるための総合演習」とは?

▼企業向け研修(プロジェクトマネージャー育成)

「プロジェクトマネージャーのための高度DX導入・活用研修」とは?

▼高度DX導入 完全パック

企業を内側から改革する|「高度DX導入 完全パック」の内容と効果

その他、今回紹介した事例のように、企業の要望に合わせた研修も行っています。

私たちは、ITやAIを活用することで、皆様がより楽しく、充実した仕事や生活ができるようになる未来を思い描いています。何かお困りごとがあれば、テクノロジーで解決できることもあると思いますので、お気軽にご相談くださいね。

AI Chatbot Avatar